☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

ニセアカシアの脅威は去った。。次は、この方たち!!!

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます。

2人の娘たちを育児中のじゅりいです。

 

我が家は、山に近い自然豊かな中にあります。

最近は、初夏を告げるカッコウの鳴き声が聞こえるようになってきました。

春ゼミもちらほらと鳴き始めました。

季節の移り変わりを身近に感じられます。

 

自然の中に住んでいる、と言うと聞こえはいいですが、そんな生活にもメリット・デメリットがあります。

正直、毎日が自然との闘いです。

 

 毎日が自然との闘い

 

自然とは、植物、動物、天候気候などなど、容赦ない者たちのこと。

植物、動物(主に虫)は本当にたくましくて、恐ろしいです。

生存競争の中にいる彼らの無慈悲さやしたたかさを、日々目の当たりにしています。

 アカシアとの闘いは終結

5月中は、ずっとニセアカシアの花粉と闘っていました。その時の記事はこちらです。

www.jury99.com

 

花が終わりを迎えたので花粉もだいぶ減りました。毎年この数週間はけっこうなストレスです。

掃除してもしても花粉が舞い込んでくるので、

「あああああーー!!(>◇<;)/」ってなります。

でも、やっと終わった。

今年もようやく乗り越えましたよ・・・(;・∀・)

 

今度は、この方たち

そして、次にやってきたのが、この方たちです。

 

f:id:tokaman0105:20180601140135j:plain

まあ、かわいらしい(*^▽^*)

こんな季節にコスモスかしら??

 

最初にこの花を見た時の印象は、こんな感じでした。

別に何のことはない、雑草のひとつなのよね。

 

ところが、そうではありませんでした!!!

毎年、初夏の季節に一斉に開花するこの黄色い花。

名前は「オオキンケイギク」

手入れの行き届いていない空き地や河原、あぜ道に大量発生しています。

 

オオキンケイギクは、駆除対象植物

この植物も、ニセアカシアと同じく特定外来植物に指定されていて、

見つけたら駆除するようにと市から通達が来る植物です。

 

回覧板でもその旨が書かれて回ってきます。

 

f:id:tokaman0105:20180604113342p:plain

f:id:tokaman0105:20180604113408p:plain

 

えー、駆除しないといけないの??

かわいそうじゃん。。

 

とか最初は思っていましたが、この黄色い方たち、繁殖力が半端ないんです!!

根こそぎ駆除しないと、どんどん伸びてきて広がっていきます。

 

近所のおじさまたちは、けっこう熱心に駆除されているようで、日常会話の中にも、

「あの黄色い花、咲き始めたなー」

など、登場しています。

 

この辺に住んでいる人たちには、駆除対象としておなじみの植物のようです。

 

上の写真は、我が家の敷地内に生えてきたもの。

うちも浸食され始めています。

隣の私有林にも、たっくさんあります。

f:id:tokaman0105:20180601140128j:plain

この景色を見ると、もう駆除をあきらめたくなります。

 

もういいや、勝手に生えちゃってちょうだい。

 

草むしりってけっこう大変

この花だけでなく、自宅の庭に生えてきた雑草は取らないと見栄えが悪いので、春・夏・秋は定期的な草むしりが必須です。

庭の草むしりから解放されるために、庭をコンクリートで固めてしまう人も少なくありません。

 

気持ちはすごくわかります。

草むしりって、地味に重労働ですから。

 

庭の花々に癒されることも

でも、庭が土だからこそのメリットももちろんあります。

毎年時期が来ると、きれいな花を咲かせるうちの庭の草花たち。

f:id:tokaman0105:20180601140149j:plain

ヤマボウシ。

 

f:id:tokaman0105:20180601140137j:plain

テッセン。

 

手入れなど皆無ですが、毎年健気に花を咲かせて、私の心を和ませてくれます。

花が咲くと虫も多くなりますが、見えないふりです(笑)

 

自然と闘いつつも、ちょっとした憩いを享受する。

 

まだまだこんな毎日が続きます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m