☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

我が家で活躍中!搾乳の道具をご紹介します。

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

今回は、搾乳に使用する道具について、書いていきたいと思います。

我が家には、2つの搾乳グッズがあります。

 

 

チュチュベビー手しぼりさく乳カップ&ホルダー

f:id:tokaman0105:20180406164856j:plainf:id:tokaman0105:20180406165222j:plain

長女のしゃかちゃんを出産時に購入。

哺乳瓶と白いキャップは別売りですが、ないと使えません。

これ、今どこで売ってるんでしょう?

アマゾンや楽天などのネット通販では取り扱いがないようです。

ちなみに、私はしゃかちゃんを生んだ産院で購入しました。

使い方

手しぼりで母乳を搾乳する際、四方に飛び散らないように母乳をキャッチするのに使います。

手しぼりとは、乳首をつまむように乳輪の外側をギュッギュッと指で押して行います。産院で教わりましたが、どこの産院でも教えてくれるわけではないようです。

 

一緒にホルダーも入っていますが、使い勝手が悪いのでほとんど使用していません。

私は、哺乳瓶をお腹部分のズボンに挟んで使っています。(ズボンはウエストがゴムのもの)

授乳をしていると、両方から同時に母乳が出てくるので、飲ませていない方の母乳をキャッチするのにも使っています。

 手しぼりは大変

手しぼりは、毎回やるとけっこう手が痛くなるし、ぱいを直接刺激して搾乳するので、同じ場所ばかり押しているとそこだけ色素沈着を起こして黒ずんできたりします。

ずっと下を向いているので、首や肩も凝ってしまいます。

やりすぎると腱鞘炎になることもあり、かなりの重労働だといえます。

 

メデラ スイング電動搾乳器

f:id:tokaman0105:20180406165256j:plain

しゃかちゃん授乳中は、メデラの搾乳器の存在は知っていたものの、購入するという考えには至らず手搾り搾乳カップのみで乗りきりました。

だいちゃん出産当初も、全く買う予定ありませんでした。

しかし、だいちゃん出産直後に異常があり、体調がいまいちだったので一緒に退院することができず、私だけ先に退院することに。

その時の記事はこちらです。

www.jury99.com

www.jury99.com

だいちゃん退院までの間、3時間おきに搾乳し、それを母乳パックに入れて冷凍したものを産院に毎日届けるということを続けました。

 その記事はこちら。

www.jury99.com

 

その際、1人目で使っていたチュチュベビーで手しぼりをするという気にどうしてもなれず、電動搾乳器の購入に踏み切ったというわけです。

1日8回、だいちゃんに飲ませる分だけしっかりと手しぼりをすると、腱鞘炎と肩こりは確実になります。

だいちゃんと一緒に退院できなかったショックもあり、出産のダメージからまだ回復しないままそのような重労働をすると思うと、ノイローゼになりそうだったので。。。

 使い方&使い心地

結論から言うと、この電動搾乳器、とっても良かったです🙆

ラッパのようになっている部分をぱいに押し当てて、スイッチオン!

搾乳の強さは6段階まであり、調節しつつ搾乳できます。

ずっと下を向いている必要もないし、いつの間にかたくさん搾れているんです。

 

結果的にだいちゃんは1週間入院延長したのですが、この電動搾乳器のおかげで肩こりにも腱鞘炎にもならずに済みました。

今でも、だいちゃんがグーグー寝ていて飲んでくれない時などに活躍しています。

 

ひとつ、デメリットがあるとすれば、パーツが多いので洗浄するのが面倒ということでしょうか。

でも、他社の搾乳器に比べるとメデラのものはパーツは少ないんだそうです。

 

これからも授乳生活は続いていくので、これからもお世話になるグッズたちです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m