☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

【1歳初めてのカレー】カレーの王子さま、ルウのタイプは顆粒と固形の2種類!2つの「カレーの王子さま」を比較レビューしてみました。

スポンサーリンク

f:id:tokaman0105:20190323165710p:plain

ご訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

1歳を過ぎると、離乳食が進んで様々なものを食べられるようになります。

カレーもそのひとつ。

赤ちゃんが食べられるカレーと言えば、思い浮かぶのは「カレーの王子さま」ではないでしょうか。

アラフォーの私が子どもの頃にはもう既に販売されていた、ロングセラー商品です。

カレーの王子さま | S&Bカレー史 | S&Bカレー.com

自分が子どもの頃食べた記憶はあまりないのですが、パッケージの懐かしさと「どんな味がするんだろう?」という個人的な好奇心から、2種類のカレーの王子さまを比較レビューしてみることにしました。

次女のだいちゃん、いよいよカレーデビューです✨

カレーの王子さま【ルウ固形タイプ】

パッケージ

赤が基調のパッケージです。

私が子どもの頃に見た王子さまとはだいぶ違って、かわいらしい王子さまです。

 

普通のカレールウと比べて、小さめです。6皿分と書いてありますが、多分子どもが食べる分量で6皿分かと。

f:id:tokaman0105:20190323151751p:plain

原材料名の所を見ると、野菜やフルーツがたくさん入っていることが分かります。

ホワイトソルガムは、白高きびのことです。

ホワイトソルガムってなに? - 小麦アレルギー(食物・グルテン)代替食品「安全・安心のホワイトソルガム」

スパイスは「カレー粉」としか書かれていません。

当然ですが、辛さは一番甘い位置になります。

 

化学調味料無添加、植物油脂使用、牛由来原材料不使用、となっており、アレルギー品目はバナナとりんごです。

中身

ルウはこのようになっています。

 

見た目は普通のカレールウとあまり変わりませんね。

カレーの王子さま【ルウ固形タイプ】、調理してみました

作り方は普通のカレーと同じです。我が家では、途中まで大人の分と一緒に作って、ルウを入れる段階で子どもの分を小鍋に分けています。

この日はちょっとゆるめのカレーになってしまいました💦

味は、カレー粉オンリーなので全く辛くありません!甘々です(笑)ただ、優しい甘さなので子どもに人気なのがよく分かります。

うちの娘たちもよく食べていました。

カレーの王子さま【ルウ顆粒タイプ】

パッケージ

水色が基調のパッケージです。

アレルギー特定原材料27品目不使用で作られているとは、どんな工夫がされているのでしょう?

 

以下の原材料が不使用ということです。

f:id:tokaman0105:20190323152321p:plain

あわび、まつたけもアレルギーがあるとは知りませんでした(;^_^A

原材料は以下のとおりです。

f:id:tokaman0105:20190323152423p:plain

赤箱に比べると、野菜がホクホクするもの(かぼちゃ、じゃがいも、さつまいも)ばかりですね。でん粉やてん菜糖、水飴も入っているので、野菜が少な目な分これらでとろみを出すのでしょうか。

辛さはもちろん一番下です。

 

箱の内側に作り方が書いてありました。

言いたいことがたくさんあって、パッケージ表面だけでは足りなかったんですね(笑)

中身

顆粒タイプはこのようなスティックに入っていました。

 

出してみると、こんな感じ⇩

カレーを作る時、長女がこれを鍋に投入するのをいつも楽しみにしています。

カレーの王子さま【ルウ顆粒タイプ】、調理してみました

今回も、途中から子ども用に小鍋に分けてルウを投入しました。

色は、赤箱と比べて少し薄いですね。

使用している野菜の品数が少ないためか、カレー感があまりなかったです。

カレー粉入ってますが全く辛くなく、こちらも甘々。もちろん美味しいですけど、大人からするとカレーとはまた別の食べ物といった印象でした(;^ω^)

娘たちはこちらも美味しそうに食べておりました。

両者を比較した印象

あくまで個人的な感想です。ご参考までに。

ルウ固形タイプ

ルウ固形タイプ(赤箱)の方が、野菜や果物がたくさん入っているからか、甘いながらもカレーを感じられました。

このカレーに慣れたら、バーモントカレーなど普通のカレー甘口へステップアップしていけそうな、そんなカレーです。

ただ、りんごとバナナが入っているので、アレルギーのある子には向きません。 

ルウ顆粒タイプ

ルウ顆粒タイプ(水色箱)は、アレルゲンが入っていないのでその点は安心して食べさせられるのが嬉しいですね。

ただ、味は赤箱に比べてやや単調な印象で、甘さが際立ってしまっていたので、1歳になりたてくらいの小さな子どもにはいいと思いますが、味覚が育ってきているもう少し大きな子どもにとっては物足りなさがあるのではないかと思いました。

 

次女のだいちゃんは、どちらのカレーもパクパク食べていました。

長女はやはり味覚に敏感で、赤箱の方がいいようなことを言っておりました(;^_^A

おわりに。カレーの王子さまシリーズ、どちらも1歳から食べられます!

カレーの王子様で、カレーデビューを果たしただいちゃん。

カレーって、具材を工夫できるから作る方も楽ですし、子どもが好んで食べてくれるのですごくありがたいメニューですよね。

子どもじゃないですが、私もカレー大好きです✨

どちらのシリーズも1歳からOKということですので、カレーデビューにぜひ!

 

 

我が家でもこれからしばらく活躍してくれることと思います(*´ω`*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m