☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

なぜ今!?というタイミングで話しかけてくる5歳児しゃかちゃん。思わずイラつく瞬間4選。

スポンサーリンク

f:id:tokaman0105:20181110005502p:plain

訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

 我が家の長女しゃかちゃんは、5歳の年中さんです。

5歳ともなれば、語彙力も上がり、どんどん言葉で表現できてくる年ごろです。

しゃかちゃんは女の子ということもあるのか、本当によくしゃべります。

この人、口から生まれたんじゃないかと思うほど(笑)

どのくらいしゃべるのかというと、寝ている時と動画見ている時とトイレ以外はずっとしゃべってるか歌ってます(;´Д`)

あ、あと怒られた後はちょっと静かにしているかも( ̄m ̄〃)

「こんなにしゃべる人、親族にいたっけ?」

私も旦那さんも、「自分はそんなにおしゃべりではない方」だと思っています。

(あくまでも主観です)

・・・あ、いました、私の母。めちゃくちゃしゃべります(-_-;)

母の話を始めると、ブログ5記事分くらいになってしまいそうなので今回はやめておきますが、しゃかちゃんはおばあちゃんの遺伝子を受け継いでいるのではないかと思うくらいよくしゃべるのです。

そんな5歳児のしゃかちゃん、「ちょっと空気読めよ!!」と思うようなタイミングでしょっちゅう話しかけてくるんですよね。プチイライラです(~_~;)

そんなことでイラつくなよ~私、と後になって反省することもあるんですが、イラつく瞬間をちょっとまとめてみました。

皆さんはどこまで耐えられますか!?

イラつく瞬間①保育園で先生やお母さんたちと話している時

保育園の送迎時、私が先生や他のお母さんたちと話しているとほぼ100%の確率で事件は発生します。

大人同士で話していると、必ず話に割り込んでくるのです。

「ねーねーおかーちゃん、これ見て!〇〇ちゃんにもらったんだよ!」

「ねーねーおかーちゃん、今日〇〇やったんだよ!」

「ねーねーおかーちゃん、〇〇ちゃんと一緒に帰りたい!」

「ねーねーおかーちゃん、帰りに〇〇やっていい?」

「ねーねーおかーちゃん、クルクル剣作って!」

※クルクル剣とは、保育園の入り口に置いてあるチラシを丸めて作る細い棒のことです。

以下略・・エンドレスねーねーおかーちゃん攻撃www

 

最初の2、3回は「そうかそうか、それはよかったね」「いいよーそうしようか」と穏やかに対応をするのですが、その度にこちらの会話は中断され、繰り返し正直どうでもいい話を聞かされる羽目になるのです。

「帰ってからゆっくり話聞かせて。今は先生(又は〇〇ちゃんのママ)と話してるから」と言うと、その一瞬は引き下がりますが、そこは子ども、持続するはずがありません。

「でもさ、でもさ」と食い下がってくることもあります・・

これが10回以上となってくるといい加減イライラしてきてしまい、だんだん相手をしなくなっていきます。

すると、子どもというのは何とかして気を引こうとするんですよね、私を叩いたりして「おかーちゃん、何で聞いてくれないの!!」と怒るのです。

しゃかちゃんと一緒にいるお友だちも同じような状態となるので、「もう無理だ」となり話を切り上げることになります。

世間話くらいならすぐ切り上げてもいいのですが、ちょっと込み入った話をしていたりするともう大変です。

周りに人がいる場所で「いい加減にしなさいー!!」と怒るわけにもいきませんので、モヤモヤとしたまま帰路につきます。

イラつく瞬間②だいちゃん大泣きであやしている時

 次女だいちゃんは、現在10ヶ月の赤ちゃんです。

毎日元気に動き回っていますが、その代償としていろんな場所に頭をぶつけたり、転んだり、とにかく目が離せません(;^_^A

ぶつけたり転べば、痛いしビックリして大泣きするわけで、その都度「痛かったね、痛いの痛いの飛んでけ~、おーよしよしヾ(・ω・`)」とあやします。

そういう時、なぜかしゃかちゃんも寄ってくるんです。

こういう場面にまだ慣れない頃は、「だいちゃん大丈夫!?ケガしちゃったの?」と心配してくれて、「しゃかもお姉さんになったなあ」としみじみ思ったものですが、最近はこういった場面にもすっかり慣れてしまったようで、寄ってきたと思ったら次のひと言が、

「おかーちゃん、ねんどやりたいんだけど、出して」

おい、それ今言わないといけないことかね?(# ゚Д゚)

「ちょっと待って、後にして💢」

ついイライラが表面化してしまう瞬間です。

イラつく瞬間③授乳中

 だいちゃんは、ずっと母乳で育ててきました。

10ヶ月ともなると離乳食が進んで、授乳はほぼ水分補給と寝かしつけのためにするものになってしまったのですが、まだ1日5回ほどはしています。

もっと小さかった頃は、アニメなんか見ながら授乳していたんですけどね。

www.jury99.com

成長して周囲のモノがいろいろと気になってしまうようになったので、授乳中はできるだけ動画を消したり、静かな状態にして行うようにしています。

が、そんな私の工夫を台無しにするのがしゃかちゃんです(~_~;)

授乳中のだいちゃんに近づいて変顔をしたり、「バーー!!」と驚かしたりするので、だいちゃんは大喜び(苦笑)

「うふふふふ~(#^.^#)」と笑ってしまい、飲めません(-_-;)

そんな状態で授乳が中断してしまうので、私はイライラ。

「静かにして!あっち行ってて!!💢」

つい声を荒げてしまいます(;´・ω・)

イラつく瞬間④だいちゃんがやっと寝た時

 授乳で寝かしつけをするのが定番となってしまっていて、断乳後が不安な今日この頃。

なかなか寝ないだいちゃんをやっとのことで寝かしつけ、さあベビーベッドへ連れて行こうという時に限って、しゃかちゃんがやってきます(;´Д`)

来なくていいよ!今はあっちに行ってなさい!(心の声)

しゃか:「ねーねーおかーちゃん、だいちゃん寝たの?」⇦けっこうな大声

私:「静かに、今寝たとこだから(めっちゃ小声)」

しゃか:「ねーおかーちゃん!絵本読んでよ!」⇦さらに大声

私:「静かにしてって言ってるでしょ!後で読んであげるから(めっちゃ小声)」

しゃか:「ねーおかーちゃん!」⇦またしても大声

私:「もーうるさい!(めっちゃ小声)」

 

しゃかちゃんを振り切ってだいちゃんをベビーベッドに無事寝かせ、その後絵本を読んであげるのですが、我が家は全員同じ部屋に寝ているので、物音としゃかちゃんの声でだいちゃんが起きてしまわないかいつも冷や冷やです(;´Д`)

何度「静かにして!(めっちゃ小声)」を連呼することか・・・

しかも、黙ったと思ったら今度は鼻歌を歌いだす始末(T_T)

鼻歌は、その時保育園で歌っている歌か、よく見ているアニメの主題歌か、どちらかが多いです(笑)

「歌も終わり!もう寝なさい!!💢」

一日の最後くらい、平穏に終わらせてください(◞‸◟)

番外編 ものまねをするしゃかちゃん

時々やるのが、私の言うことを一語一句モノマネすること。

言った直後に追いかけてマネされるので、すごく不愉快になります(#^ω^)

私が怒っていると、それをふざけてマネすることもあり、「ちゃんと分かってるの!?」「聞いてるの!?」と私の怒りに火に油なわけです。

そしてさらにそれをマネするしゃかちゃん。

「わかってるのぉ~?\(^o^)/」

いい加減にしなさーーーい(# ゚Д゚)!!

5歳児にイラつく私、カルシウム不足かしら(笑)

こうしてまとめてみると、「まあ、そんなことでイライラしなくてもいいんじゃない?」と思われそうですが、困ったことに実際の場面ではなかなか穏やかに対応できないんですよねぇ(~_~;)

ここに登場しなかった場面でも、「今それ言いますか!」ということがしばしば。

口が達者になってきて、いろいろ言えるようになったことと、どうしてもだいちゃんにかかりきりになりがちな生活から、かまってちゃんになってしまうのも仕方ないのかもしれません。

「あっち行ってなさい!」とあまり邪険にしてもいけませんよね、記事書きながら反省しました。

私も気を付けて、怒り過ぎないようにしなくては(;´∀`)

カルシウム補給には、小魚ですかね(笑)

ヤマキ 瀬戸内産無添加食べる小魚 80g×4個

ヤマキ 瀬戸内産無添加食べる小魚 80g×4個

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m