☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

新車購入への道③下取り価格が不満で、車買取業者に査定を依頼した話。一括査定のメリット・デメリットは?

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

新車購入検討中の話の続きです。

まさか、ブログでこんなに車の話を書く時が来るとは思いませんでした。

しかも、ちょっとシリーズ化してきてるし(笑)

この前の話はこちら。

www.jury99.com

www.jury99.com

今回は、ディーラーでの下取り価格に不満があったので、もっと高く買い取ってもらえないかと思い、買取業者に査定を依頼した時の話を書いていきたいと思います。

査定依頼した車は、これです。

f:id:tokaman0105:20180807152308j:plain

 

 

 

ディーラーの下取り価格

前回の記事でも書きましたが、ディーラーでの査定価格は26万円。

約5年乗って走行距離は43000kmくらい、目立った傷はありません。

30万円くらいは行くと思っていたので、26万円と聞いて残念な気分になりました。

下取り、買取事情に詳しくないため、こんなもんなのかもしれませんが、それでももう少し高く買い取ってもらえるならと思い、買取業者に査定をお願いすることにしました。

どうやって買取業者を探したか(選んだか)?

車の買取業者って、調べてみるといっぱいあるんですね(◎_◎;)

どこで、どうやって査定してもらうのか、ちょっと途方に暮れそうでした。

そんな中、旦那さんが見つけたのが、「一括査定」という方法です。

一括査定にもいろんな業者がありましたが、選んだのは「楽天オート」でした。

楽天オートで一括査定

「楽天オート」を選んだのは、ずばり楽天ポイントがもらえるから。

楽天オート 楽天中古車買取査定市場|愛車の下取り、満足していますか?

一括査定は旦那さんにやってもらいました。

車種、年式、走行距離、車検有効期限などを入力し、査定依頼!

査定会社は3社まで選べ、旦那さんは「ビッグモーター」「カーチス」「ラビット」の3社を選択したようです。

「一括査定」のボタンをクリックして、1分以内に最初の電話がかかってきました。

速攻かかってきて、旦那さんもビックリしてました・・・

ビッグモーター

最初に電話してきたのは、ビッグモーターでした。

「査定したいので、店舗に来てほしい」という内容だったそうです。

特に予定もなかったので、次の日の午前中に行く約束をしました。

カーチス

次に電話してきたのが、カーチスです。

ここは、自宅に来て査定してくれるとのこと。

やはり、次の日の昼頃に来てもらうことにしました。

ラビット

速攻で電話がかかってくることはなく、電話が来たのは査定した2日後でした。

その時点で出遅れたので、ラビットは圏外です。

 

買取業者さんたち、レスポンスが速くてビビりました。

似たような事例で、引っ越し業者の比較サイトを利用した時もこんな感じで速攻電話かかってきたんですよね。

どこもお客さんの取り合い、早い者勝ちな感が否めませんね(~_~;)

ビッグモーター店舗へ行き、査定

一番最初に電話をしてきたのが、ビッグモーターだったので、必然的に予定を組むのも一番になりました。

結果的に、呼びつけられて行く形となったわけですが。

ラジオやTVのCMも打っているので、名前は聞いたことがありました。 

営業マンの話

 店舗へ出向くと、担当の営業マンがやってきました。

見た目30代くらいの男性。

すぐに査定をしてくれるのかと思いきや、この営業マン、とにかくよくしゃべる(-_-;)

私が何か言えば、それに対して10倍返ってくるようなしゃべり方・・

家にだいちゃんを置いてきていたので、早いとこ査定してもらって帰りたいと思っていたため、私にとって長話をされることはもはやデメリットでしかなかったのですが、中には有用な話も混在していたので、そのことを少し。

車の査定は、売る時期が決まっていないとはっきりした金額が言えない

新車を購入する時期、今の車を手放す時期は決まっているかとしきりに聞いてくるので、「まだはっきり決まっていません」と返答すると、「ああ、この人分かってないわ」というような顔をされました。

そこから長々と若干お説教じみた話を聞かされたのですが、要約すると、

・車を売る時期がはっきりしないと、今現在の相場での話しかできない

・今〇〇万円で買い取れるとしても、時期が分からないとその金額で買い取れる保証はない

ということらしいです。

 

なるほどね。

買取業者の営業マンはウソ方便を平気で言う

車を売る時期のこと以外に、他に査定を依頼している会社があるかを聞かれました。

一括査定をしているので、もちろんあります。

社名は出しませんでしたが、一括査定したので他にも査定の予定があることを伝えると、

「買取業者は、確認する買取相場データがどこも同じものを見ているので、査定金額も今聞いてもあまりあてになりませんよ。」

「多分、平気でうちよりも高値を言ってくると思いますよ。今買い取れないと分かれば、実際にはそんな値段で買い取れないような値段も平気で言えますから。」

「僕だって今ここで〇〇万円頑張れますって言えますよ!」

怒涛の勢いでしゃべられて、若干気圧されていると、

「次に査定に来る業者さんは、断っていいと思いますよ。そうなるの目に見えてますから。」

とまで言い出しました。

 

はあ、まあ断りませんけど。

車買取の仕組み

買取業者➡車のオークション会場のような所➡中古車販売業者

こういう流れで車は売れていくんだそうです。

この「車のオークション会場のような所」での相場を買取業者は見ていて、その値段で買取価格を決めるらしいです。

間を挟めば挟むほどマージンが発生するので、そこでいくら抜けるかで利益が決まるということのようです。

なので、買取と販売を一緒にやっている所は、間を抜かないから安く販売できるという仕組みなんでしょうね。

ディーラーの下取りより買取の方が高くなる?

「全部ディーラーさんにやってもらうのが、一番損ですよ。」

と言われました。

CMの売り文句ですよね、それ。

本当にそうなのかは、実際にやりとりしてみないことには分からないんじゃないですか?

今、西日本豪雨の影響で中古車が売れている

先月の西日本豪雨の影響で、車が各所で必要になっているそうです。

特に、荷物がたくさん積めるワゴンタイプの中古車の需要が高いとのこと。

うちの車は軽ですが、トールタイプで室内が広いので、「こういうタイプはあちらでも需要が高いので、すぐに売れると思いますよ。」と言われました。

災害特需とは言いますが、そういった形の特需もあるんだな、とそこは目から鱗でした。

トールタイプの軽自動車は需要がある

うちの車のようなタイプは、人気の車種らしいです。

確かに軽でも室内は広いし、我が家のように子どもがいる家でも活躍します。

何となく察しはついていましたが(笑)

営業マンの印象って大事

役に立つ話もありましたが、早く査定をしてもらいたかった私には正直この営業マンは合わなかったです(~_~;)

終始私の目を見て説教じみた口調で話をしてくるので、何となく気まずい気分にもなりました。怒られているみたいで(-_-;)

多分、弾丸トークや目を見て話すというのは、営業テクニックなんでしょうね。

このようなテクニックを駆使して契約を決めてきた実績があるんだろうな、とは思いましたが、私は若干不愉快になりました。

査定結果は

長々と店内で待たされて、出た結果は「30万円は行くと思います」という何とも曖昧な返答。

「30万円です」だったらまだ分かるんですが、「行くと思います」?

先程の、「売る時期が決まっていない」というのが響いているのは何となく想像つきましたが、待たされた結果がこれ?と思ってしまいました。

そして帰り際、「人気の車種なので、新車購入時期が決まったらもうワンチャンスもらえますか?もう少しゴマすることはできると思いますんで。」と言われました。

 

もう帰っていいですか?疲れましたんで。

結局、来店してから帰るまで1時間半近くかかりました。

カーチスは自宅へ来てくれた

 2番目に電話してきたカーチスは、自宅へ査定しに来てくれました。

20分くらいで査定終了。

炎天下の中、お疲れ様でした(;´∀`)

査定結果は

「30~35万円です。よろしくお願いします。」

ビッグモーターでいろいろ聞いてきた後だったこともあったので、あっさりしすぎて拍子抜けでした。

 一括査定をやってみて

車の査定というものを初めてやってみましたが、そこからメリット・デメリットを挙げてみます。

メリット

簡単に査定依頼ができる

ネットから簡単に依頼できるのはとても楽でよいです。

電話代もかかりません。

サイトによっては、査定してほしい買取業者を選ぶこともできます。

自分の車のおおよその相場が分かる

下取りだけでは、その車の相場って分かりません。

ですが、何ヶ所かで査定をしてもらうと、だいたい〇〇万円~✖✖万円という価格の相場が見えてきます。

売る時の目安になりますね。

一番高く買い取ってくれるところが分かる

何ヶ所かで査定してもらうと、中には高値で買い取ってくれる会社も出てきます。

そこで買い取ってもらえば、損することはないんでしょうね。

今回は3社でしたが、もっとたくさんの会社に一括で査定してもらえるサイトもあると思います。

デメリット

営業の電話がすごい

とにかく、申し込みと同時に電話がかかってくるので、うっかり職場なんかで査定依頼をしたら大変なことになります。

今回出遅れたラビットからは、今でも電話がかかってくるそうです。

店舗まで出向かなくてはいけないこともある

今回のビッグモーターがそうでした。

これは、買取業者によってやり方が様々なんでしょうけど、家に来てもらうのは楽でよかったですよ。

営業マンにつかまり不愉快な思いをする

これは私だけかもしれませんが、長々くどくど話をする営業マンはもう結構です。

お口にチャックで査定してもらいたいものです(-_-メ)

これからどうするか

買取価格は、どちらの業者も下取りよりも高く出ました。

最低でも30万円ほどです。

旦那さんと相談した結果、ディーラーで新車を買って、買取業者で今の車を売って、と別々の場所でやりとりするのは案外面倒なんじゃないか、と( ̄д ̄)

下取り価格の交渉材料としてこの査定結果を持って、またディーラーへ行くことにしました。

もちろん、下取り価格の交渉ができず、買取価格の方が高いとなれば、面倒臭いとか言っていられないので別々の場所で話を進めていくことになりますが、1ヶ所で全てが完結できれば一番楽なので、下取り価格が交渉できれば御の字だね、という話になりました。

 

再度ディーラーでの商談の話に続きます。

www.jury99.com

 

なかなか購入までこぎつけず、長くてすみません(;^_^A

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m