☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児ブログです。

【英語の絵本】スターウォーズの絵本がまた図書館に入っていました。今度はレイア姫バージョン。

訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

先日、旦那さんが図書館でスターウォーズの絵本を見つけて借りてきました。

その時の記事がこちらです。

www.jury99.com

 実はこの記事がひっそりとスマートニュースの片隅に載っていたという話はまたの機会にいたしまして、このスターウォーズの絵本の続き(というかシリーズ?)があったことが判明しました。

今となっては、偶然借りてきてくれた旦那さんに感謝です☆

 

今回は、私が図書館で見つけました。

f:id:tokaman0105:20180711232501p:plain

やっぱり、「新しく入った本」のコーナーに置かれていました。

タイトル:VADER’S little princess

前回の、DARTHVADER and son は子どものルークとダースベイダーの話でしたが、今回はレイア姫とダースベイダーの話のようです。

 

へぇ~、子どものレイア姫かわいい~♡

どんな絵本か楽しみだな~(゚∀゚)

 

とは言っても、やっぱりスターウォーズのことはよく分からないし、全部英語であることには変わりないわけなので、読み聞かせは困難を極めました。

困った時のために、スマホを片手にページをめくります(;´Д`)

 

Giggleって何?

下のページで、レイアが鍵をR2‐D2に渡しながら「Giggle」って言ってるんですよね。

二文字変えればGoogleだなー、なんて思ったのは私だけでしょうか?

 

しゃかちゃんに「これ何?」と言われたので、調べてみました。

Giggle➡ふざける

   ➡フフ、含み笑い

   ➡くすくす笑う、けらけら笑う

ほほぅ、レイアはいたずらを楽しんでいるということですね!

何となく絵からも想像はつくんですけどね・・

 

しゃかちゃんは、質問そっちのけで右ページの絵を見て、

「あはは、穴あいてるよ!ヘタクソ!!」

と、何ともレイアに失礼なことを言っていました(>_<)

こういうの子どもはすぐ引っかかってきますよね・・・

 

絵だけでも十分楽しい

下のページで、しゃかちゃんはレイアに怒ってました。

「WHAT?」は読めませんが、何となく絵から想像できたようで、

しゃか:「おじさん怒ってるよ!いーけないんだ、いけないんだ!!」

 

うん、まあそうだね、お父さんが見てない所でおじさんにアッカンベーはいけないね(;´・ω・)

しゃかちゃんもやっちゃだめだよ?

 

しゃかちゃんでも覚えられた英語

このページで、しゃかちゃんは爆笑でした。

しゃか:「0(ゼロ)がいっぱいあるよ!どして?」

私:「ゼロじゃなくて、O(オー)って読むんだよ。これは、『ノーーーーー!!!』って言ってるんだよ。」

しゃか:「ええーーwwwwおもしろいね!!ノーーーーーーーーー!!!!!」

(しばらくノーーーーを言い続ける。うるさくてかなわない)

しゃか:「ノーって何?」

私:「ダメってことだよ。レイアとハン・ソロがキスしているのが許せなくて、ノーって言ってるんだよ。」

しゃか:「何でダメなの?」

私:「・・・お父さんは、娘を他の男に取られたくないんだよ、多分ね。」

 

何だか、話が変な方向へ行ってしまいました。

しゃかちゃんも、何となく腑に落ちないような顔をしてましたが、「そうなの?」と言ってスルーしてくれました。

 

しゃかちゃんも、リョータ君とキスなんかしてたら、お父ちゃん「ノーーー!!」って言うかもよ?

www.jury99.com

 

英語の勉強をさせようと思って借りてきたわけではなかったのですが、ちょっとだけ英語に触れる機会が得られたしゃかちゃん。

これを機に、英語に興味を持ってくれたらいいかも、なんて思ったり(;^ω^)

実際にはそう簡単にはいかないんですけどもね(笑)

 

この本、レイア姫の子どもバージョンと大人バージョンが混在して出てきます。

こちら裏表紙。

まあ、娘がこんな露出高い服着てたら、注意されちゃいますよね(;・∀・)

ダースベイダー、いいお父さんじゃないですか。

 

他のシリーズも読んでみたいな、と思いました(私が)。

また図書館にチェックしに行ってみます!!

Darth Vader and Son

Darth Vader and Son

 
Vader's Little Princess (Star Wars)

Vader's Little Princess (Star Wars)

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m