☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

【1歳7ヶ月】だいちゃん、オノマトペ(擬声語)が大好き!普段使いに加えて、ご機嫌斜めの時にも活用しています。

スポンサーリンク

f:id:tokaman0105:20190815071916p:plain

ご訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

次女のだいちゃん、1歳7ヶ月になりました。

小さい子って、「ワンワン」「にゃんにゃん」「ブーブー」「こちょこちょ~」などのオノマトペ(擬声語)が大好きですよね。

「オノマトペ」という言葉自体、私はお恥ずかしながら最近まで知らなくて、ママンさんのブログで知りました。

www.mamannoshosai.com

「あ、これしょっちゅう使ってるやつだ!」と目から鱗(笑)

上記ママンさんの記事では、「オノマトペを使わないで文章を作る」ということをしているので、私は逆行したことをやっていますが(笑)

だいちゃんもオノマトペが大好きです(゚∀゚)

 どんな場面でどんな風に使うのかというと・・・?

オノマトペ、食事の場面で

だいちゃん、まんまだよ~!

まんま?まんま!!

遊んでいてなかなか食べない時

私:だいちゃん、モグモグしてね。モグモグしたらゴックンだよ~。

ちゃんと食べてくれる時と、わざとらしく口を動かす真似をする時があります。

私がやって見せると、それを真似するだけで本当には食べないという・・・

こんな時はついイライラしてしまいます(-_-;)

主食が麺の時

だいちゃん、ちゅるちゅるだよ~。

ちゅーちゅー!!これっこれ~!!

うどんとかそうめんが大好きで、見ると他の物を食べなくなるほどです。

スープに入っている春雨とかもちゅるちゅると言ってよく食べます。

だからって、毎食麺にするわけにもいきませんよね~💦

オノマトペ、遊びの場面で

ボール遊び

 だいちゃん、ポーンするよ~。はい、ポーン(ボールを転がす)

ぽ!?(ボールを持ってしばらく見つめる)ぼーーーーーん!!

ボールを投げると大抵後ろか真上に行ってしまいます(>_<)

最近はちょっとずつ前に投げられるようになってきましたので、少し上達しましたね💦

アニアで

 我が家には「アニア」という動物の玩具があります。

 

 

だいちゃんはこれが大好き!

両手に持てるだけ持って遊んでいます。

ライオンを持った時は、

がーーーあ!

サイを持った時は、

どどどどど~!!

 一応声色を変えているところが何とも面白いです(まあ、私が教えたんですが(笑))。

お外で散歩中

だいちゃんは、散歩している犬を見ると、

わんわん?わんわん?

と言ってすぐに寄っていきます。好きなんですね~(;´∀`)

飼い主さんによって、笑顔で触らせてくれる人とちょっと嫌そうな顔をする人といるので、毎回何となく構えてしまいます(私が)。

触らせてもらえると、だいちゃんはにっこにこで大満足♡

オノマトペ、就寝前の場面で

だいちゃん、ねんねよ~。

ねんね?ねんね~!

寝室へ行っても、絵本をせがんだり長女と遊び始めたりでなかなか寝ません。

私:だいちゃん、お布団にゴロゴロしてみて。ゴロゴロしたらねんねよ。

ごろろー、ごろろー。

布団に楽しく転がっていると、そのうち眠そうに目をこすり始めます。

「さあ、寝ましょう」と電気を消すのですが、だいちゃん暗くなるとなぜか起き上がり、部屋の中をたたたた、たたたた、と歩き始めるんです💦

長女の方が先に寝ています(笑)

そのうち、部屋から出て行ってしまうこともしばしば。

さっき眠そうにしてたのは一体何だったのよ!!

 ご機嫌斜めの時

だいちゃん、何をしても機嫌が悪いことがあります。

大抵は眠い時なのですが、「そんなに機嫌悪いなら寝なさい!」というわけにもいかず・・勝手に寝てくれるわけでもなく・・

こんな時はオノマトペと手遊び歌でご機嫌取りをします。

 私:だいちゃん、こちょこちょ~こちょこちょ~!

とりあえず足の裏やわきの下をくすぐります。

それから、手遊び歌をいくつか歌ってあげると、機嫌が直ることが多いです✨

よく歌うのは、

・きゅうりができた

・あたま・かた・ひざ・ポン

・とんとんとんとんひげじいさん

・おおきなくりの木の下で

曲名がこれで合っているか分かりませんが、この辺をよく歌っています。

機嫌が悪い時は抱っこをせがんでくることも多いので、身体接触で安心したい気持ちが強いんですよね。

くすぐったり手遊びしてあげれば機嫌は良くなりますが、今度はそれをやめられないスパイラルに陥るという💦

そうなったら、アニアを持ってきて「がぁ~!」「どどど~!」「ぱおーん!」と動物さんたちを登場させると、そちらに移行してくれることもあります(;^_^A

おわりに。

ここで登場したオノマトペはほんの一部で、まだまだ日常的に使っていると思います。

自分でもどんなものを使っているか振り返るのが難しい(;´Д`)

言葉を話すのも聞き取るのも未熟な幼児には、オノマトペのような感覚的な音の方がなじみやすく、楽しめる要素が多いのかなと実感しますね。

 家の中で日常的に使っているので、大人相手にうっかり言わないように注意しなきゃ💦

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m