☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

【松本走りとは?】松本ルールとも呼ばれる危険な運転のこと。強引な右折、松本市民なので実際によく見かけますが怖いです。

スポンサーリンク

f:id:tokaman0105:20190320052541p:plain

ご訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

前回の記事では皆様にご心配いただきまして、大変ありがとうございました。

www.jury99.com

 現在、下着は部屋干しして対策しております!

いただいたコメントの中に、男性でも下着を盗まれたことがあるという方が何名かいらっしゃって、どんな所にも需要があることが分かりました(苦笑)

年齢・性別問わず誰でも被害に遭う可能性があるので、皆様もどうぞお気を付けください(;^_^A

 

先日、回覧で全戸配布されてきた「広報まつもと」に、こんなことが掲載されていました。

「知っていますか?『松本走り』」

普段、広報なんてほぼ見ずにすぐ捨ててしまうんですが、この号はちょっとだけ興味を惹かれたので中身を見てみました。

今回は、松本市の交通安全(?)について書いてみようと思います。

(注意:松本走りは危険な運転です。「松本ルール」とか言われることもありますが、松本市に来たらやっていい運転ではありません!)

松本走りとは?

私が松本市に引っ越してきてから知ったことですが、松本市民は運転マナーがとても悪いことで有名らしいのです。

地元にいた私の妹も「松本の人は運転が乱暴だっていうのは有名だよ」と言っておりました。その時に聞いたのは「松本右折」という言葉。

右折が強引だからこう言われている、と聞きました。

その後、数年前タイヤがパンクしてレッカーを依頼した時のレッカー車運転手さんもそんな話をしていましたね。

松本走りとは、

松本市内で見られる、右折車優先の迷惑で危険な運転のことです。特に、県外の方から「危険な運転」「マナーが悪い」と指摘されています。

 

松本走りの特徴

・対向車がいるのに、強引に右折

・左折車にかぶせるように右折

・青信号と同時に、内回りに右折

・前が詰まっていても交差点に進入

・ウインカーを出さずに進路変更

など

広報まつもと2019年3月号より

 

何と、ウィキペディアにも載っていました。

松本走り - Wikipedia

まとめられているとは・・松本市民からしたら不名誉なことですね(~_~;)

松本走り、特徴は「強引な右折」

松本走りの特徴は、何といっても「強引な右折」ですね。

私も毎日通勤で運転しますので、こういった右折によく遭遇します⇩

反則金6000円なんですね💦

朝は特に皆急いでいるので、どの交差点でも見かけるほどです。

「よくぶつからなかったな・・」と冷や冷やする場面にも時折遭遇します。

強引な右折による事故

昨年(平成30年)松本市内では、右折による交通事故が78件発生しているそうです。

(広報まつもと2019年3月号より)

直進車、右折車双方が「我先に」となった結果でしょう。

運転にはゆずりあいの精神が必要ですね。

タクシーは「松本走り」頻発

タクシー運転手は運転のプロであるはずなのに、タクシーの「松本走り」は本当によく見かけます。

慣れた道だからこそなのかもしれませんが、何度強引に右折で入ってこられたことか💦

私としては、一般車両よりタクシーの方がマナーが悪い印象を持っています。

逆に、大型トラックの運転手さんは親切な方が多いです。

横断歩道で止まらない

松本走りとはちょっと違うかもしれませんが、横断歩道で歩行者が待っていても、止まらない車が多いです。

松本市内は渋滞が多いですから、皆心に余裕がないのかな・・・

反則金は9000円ですって。

歩行者が渡るまでせいぜい数十秒のことなので、そのくらいの心の余裕は持ちたいものです。

最近増えてきた、右折用の矢印信号

ここ1~2年で、松本市内の交差点に右折用の矢印信号が新しく設置された信号機が増えました。

私が通勤で使う道でも、何ヶ所か新しく設置されています。

f:id:tokaman0105:20190319070059j:plain

⇧こういう信号です。矢印部分だけ後から設置されたりしています。

これだけでも、だいぶ「松本走り」を予防できそうです。

おわりに。できることは自分が松本走りをしないこと。

毎日松本の道を運転する身としては、運転マナー向上は願ったり叶ったりです。

しかし、急いでいたり心に余裕がなかったりすると、自分も当事者になりかねないのが怖いところ。

出勤時の忙しさが運転に響くことがないよう、何かと余裕を持って行動することを心掛けたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m