オコジョ的じゅりいズム

信州発!お金✖子育て✖地元長野✖余暇、じゅりい流の雑記ブログ。

花粉症に有効なアレルギー薬は、市販と病院処方とどちらがお得?アレグラで値段を比較してみました。【明細写真あり】

スポンサーリンク

f:id:tokaman0105:20190315060525p:plain

ご訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

日中暖かい日が増えてきて、春を肌で感じられるようになってきましたね。

こちら長野県も、最低気温がマイナスにならない日がちらほら。寝ている間に顔が冷たくなることが減って、嬉しい限りです(*´ω`*)

嬉しい限りなんですが・・・

私、花粉症なんですよね(-_-;)なので、せっかく暖かくなってきても素直に喜べない。

春=花粉到来、というわけで、鼻水グズグズと目のショボショボも暖かさと一緒にやってきます。

毎年のことなので、今年もアレルギー薬のお世話になることにしました。

そこで、これも数年前から気になっていたのですが、市販のアレルギー薬と病院で処方してもらう薬と、どちらがお得なんだろう、という疑問。

今回は自分の疑問を解消すべく、アレルギー薬「アレグラ」を対象に比較してみました。

病院で処方してもらうためには、まずアレルギー科を受診

 私は勤務先が病院なので、自分の勤務先で受診してきました。自分が不調になった時すぐ受診できるのはメリットですねぇ(*´ω`*)

アレルギー科が近くになければ、耳鼻科や内科でも大丈夫です。

毎年のことなので先生も分かっていて、「今年は花粉多いらしいね。点鼻薬、点眼薬も出しましょうか?」と聞いてくださいましたが、点鼻薬が苦手なのと点眼薬は手持ちがあるので今回は丁重にお断りし、アレグラのみ処方していただきました。

ここ数年は、毎年アレグラを出してもらっています。

(お値段の比較もしづらくなりますしね!でも、しんどければちゃんと処方してもらいますよ(笑))

受診にかかった金額

3割負担で、1060円でした。

内訳は、初診料:282点、投薬:72点、自費だと3540円です。

 

診察時間数分でこのお値段・・・毎年この明細を見て「ドラッグストアで薬買った方が安いんじゃないか」と思ってしまうんですよね💦

(再診だともっと安くなります)

薬局で薬を処方してもらう

処方してもらったのはアレグラです。

⇩「フェキソフェナジン」と書かれていますが、アレグラのジェネリック(後発薬)です。

アレグラの成分名がフェキソフェナジンなんです。

ジェネリックなら成分が同じでかなり安く買えるので、ジェネリックがあれば迷わず選択します。

薬の処方にかかった金額

1ヶ月分(30日分)処方してもらって、1070円でした。

内訳は以下のようになっています。

薬の値段以外に、

調剤基本料1:41点、地域支援体制加算:35点、調剤料内服薬:78点、薬剤服用歴管理指導料(6月以内再度処方箋以外、調基1):53点

薬以外で207点(2070円)も取られてる!!薬の説明を受けてお薬手帳に貼るシールをもらっただけでこれだけ取られてるとはちょっと驚きです・・・

しかし、3割負担になるので、国民皆保険制度様様です(;´∀`)

受診+処方薬でお値段は

 受診:1060円、処方薬:1070円で、合計2130円という結果になりました。

ドラッグストアで薬の値段を調査

 いつもお買い物をしているマツモトキヨシで価格調査しました。

マツキヨは最近、dポイントカードも使えるようになったので、マツキヨのポイントとdポイントの二重取りができるんです。

クレカで支払えば三重取りも可能!!ありがたいですねぇ✨

アレグラ

嵐の大野君のCMでおなじみの「アレグラ」。

14日分で2036円でした。(これ以上入っているものはありませんでした)

ノスポール

マツキヨのPBから出ている薬で、アレグラのジェネリックみたいなものです。

 

 15日分が1999円、30日分が3299円でした。

成分は「フェキソフェナジン」なので、アレグラと一緒です。

去年の秋頃買ったものが家にもあり、処方してもらうまではこれを飲んでしのいでいました。

⇩錠剤が丸いので、フェキソフェナジンより小さくて飲みやすいです。

比較した結果は?

受診+処方薬(30日分)=2130円

市販アレグラ14日分×2=4072円

市販ノスポール30日分=3299円

 

以上のような結果になりました。ということは、市販薬より処方してもらった方が安い!!ということですね。

1ヶ月、2ヶ月と長期間分を処方してもらうと、さらにお得になると考えられます。

ただ、マツキヨは割引が効くことがあるので、20%offクーポンを使った場合、ノスポールは2639円まで下がります!

病院処方のメリット・デメリット

病院処方で考えられるメリットとデメリットをざっくりですが挙げてみます。

メリット

・医師に診察してもらえるので、自分に合った薬を処方してもらえる

・症状別に、複数の薬を一度に処方してもらえる

・薬剤師から薬の説明を受けることができる

・3割負担で済む

デメリット

・待ち時間が発生することが多い(今の時期アレルギー科は混雑します。薬局でも待ち時間があります)

・病院と薬局の2ヶ所へ行く手間(院外処方の病院が多いです)

・素人目にはよく分からない診療点数に何だかモヤモヤする(私だけ?)

市販薬のメリット・デメリット

こちらもざっくりと(笑)

メリット

・ドラッグストアや薬局1ヶ所で済む

・待ち時間がない

・飲んだことのある薬なら説明要らず

・割引が効くことがある(マツキヨはよく20%offクーポンとか配ってます)

デメリット

・初めての薬の場合、自分に合う薬かどうかが分からない

・お値段が高い

・きちんとした説明を受けられない(希望すれば説明してくれる所もあります)

 

手間がかかるけれど安い病院処方か?それとも手間がないけど少し高い市販薬か?

メリット・デメリットもそれぞれですので、どちらを選ぶかは皆さん次第ですね(;^ω^)

少しでもお安く済ませたい方、長期間内服する予定がある方は、病院処方がおすすめですし、病院や調剤薬局へ行く時間がない、ちょっと高くても手間が少ない方がいい、という方は市販薬ですかね。

花粉症は5月初旬頃まで続くと言われていますので、まだまだ先は長いです💦

参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m