☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

【中耳炎?】鼻水とちょっとの咳~耳の痛み。風邪症状からの中耳炎にご注意ください。

訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

先週金曜日、しゃかちゃんが熱を出しました。

朝起きた時に、「耳が痛い」と訴えていたので、「まさか中耳炎?!」と疑っていましたが、詳しく場所を聞くと、耳たぶを触りながら、「ここが痛い」と。

 

耳たぶ?

じゃあ、中耳炎じゃないか(;´・ω・)

夜中に耳が痛かったか?と聞いても、「痛くなかった」との返答。

しかし、朝食を食べている時に何となくぼーっとしており、「疲れた・・」と言ったりしていて様子がおかしかったので、熱を測ってみると「37.6℃」。

はい、アウトォー!!<(`^´)」

 

保育園は、37.5℃以上の熱がある場合はみてもらえません。

朝からこの熱だと、日中上がる可能性も高く、その日は保育園休ませました。

耳のことは気になっていましたが、連日の暑さで疲れが出たのだろうと思い、その日は受診せず家で面倒をみました。

 

 

そういえば、少し前から鼻水が

しゃかちゃん、1~2週間前くらいから鼻水がちょっとズルズルしていたんですよね。

たまーに咳もしていたかな。

その時は熱はありませんでした。

保育園でプールもやっていたので、その影響もあるのかな、と何となく思っていました。

本人も特に不調を訴えることはなく、元気に保育園へ通っていました。

 

週末は元気いっぱい

金曜日一日休んだおかげで、週末は元気に過ごすことができました。

鱒つかみ大会に参加したり、水鉄砲で遊んだりと、しゃかちゃん的に有意義な週末だったのではないでしょうか。

猛暑の中、大人は大変疲れました(;´Д`)

www.jury99.com

 

週明けに耳の痛みが再発

月曜日の朝起きると、また「耳が痛い」と。

今度は先週よりも痛いと訴えていました。

どこが痛いのかまた聞いてみると、耳たぶから少し内側をさして「ここを触ると痛い」と。

子どもの訴えは曖昧なので、これはもう中耳炎かもしれない、と思いました。

熱は朝の時点で「36.6℃」。

平熱ではありましたが、中耳炎を疑って病院へ行くことにしました。

元気いっぱいに週末を過ごしたしゃかちゃんですが、大人と同様に暑さで疲れたのかもしれません。

子どもは疲れ知らずと言いますが、現実には子どもも疲れがたまるんですよね。

疲れが体調不良として現れるので、少しでも体調不良があれば無理をさせてはいけなかったな、と反省しました。

 

耳鼻科ではなく小児科へ受診、その理由

中耳炎かもしれないので、受診するのは小児科か耳鼻科か、迷いました。

ネットで調べたりもしましたが、どちらを受診するのが正解なのかは結局分からず。

多分、どちらでもいいんですね(笑)

迷った結果、かかりつけの小児科へ行くことにしました。

 

小児科受診を決めた理由は、

①過去に行ったことがあり、病院に子どもが慣れている

②鼻水や咳も出ていたので、全身症状を診てもらえる

③かかりつけの小児科は院内処方してくれるので、あちこち行かなくていいのが楽

 

こんなところです。

(注:鼻水や咳に関しては、耳鼻科や耳鼻咽喉科でも診てもらえます。というかそちらの方が専門的です)

 

中耳炎、疑い?

午前中、かかりつけの小児科へ。

その時点で2~3組の親子が待合室にいましたが、小さなクリニックなので、待ち時間は20分くらいで済みました。

症状を伝え、診察してもらいます。

何か痛いことをされると思っていたしゃかちゃんは、小児科の先生に「痛いのは嫌だ」「痛くしないで」としきりに言って、診察を妨害(~_~;)

「大丈夫だよー。」と先生に言われ、喉の奥や耳の中を診てもらいました。

しかし、耳の中を見てもはっきり中耳炎と言える所見が見えなかったとのこと。

先生:「うーん、よく見えないですが耳だれもないですね。でも痛みがあるということですので、抗生剤を出しておきます。」

先生:「プールは1週間お休みしてください。お風呂も熱がなければいいですが、湯舟につかる時は首から上がつからないように注意してください。それ以外は普通に生活して大丈夫です」

結局、中耳炎疑い、ということで決着しました。

 

中耳炎への移行を防ぐための注意点

先生の話によると、子どもは耳管という鼻と耳をつなぐ管が短いので、風邪をひいて鼻水が出るとすぐに耳の方へ流れてしまい、鼻水の雑菌が原因で中耳炎を起こしてしまうんだそうです。

なので、鼻水が出ているなと思ったら、鼻をすすらずにかむようにすると良いとのこと。

そういえば、しゃかちゃん鼻が出るとずずずずーとすすってしまっていました(;´・ω・)

それがいけなかったのかも・・・

気付いた時に「鼻かみなさい。」と注意してはいましたが、これからはさらに注意しなければ。

 

私自身が中耳炎の経験があまりなく、子どもの時に中耳炎になったのはプールの水が耳に入ったせいだとばかり思っていたので、「中耳炎は突然耳が痛くなるもの」という認識でいました。

なので、風邪と中耳炎があまり結びついていませんでしたが、先生の話を聞いて「なるほど!」と納得でした(;^ω^)

 

残念ながら、院内処方が廃止されていた

この小児科、院内処方が魅力のひとつだったのに、半年ほど前から廃止となっていたみたいです・・・

超残念(ノД`)・゜・。

そのかわり、どこの薬局で処方してもらうかを事前に決めていれば、処方箋のファックスをその薬局に送っておいてくれるというサービスが始まっていました。

 

家の近くの処方箋薬局で薬を処方してもらうことにし、そちらへファックスを送ってもらいましたが、これが間違いでした・・・

 

処方箋薬局の話に続きます。

 

 

 

毎日のプールを楽しみにしていたしゃかちゃんには、1週間のプール禁止令は酷でしたが、治るまでは仕方ないですね(;´∀`)

連日の猛暑、プール、週末の無理、夏は楽しいことがたくさんある分、体力も使います。

子どもの変化にいち早く対応できるよう、今後の課題となった出来事でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m