☆次世代シスターズ、しゃか&だい☆

しゃか、将来の夢は鬼太郎になること。だい、可能性のかたまり。2人の娘の育児&雑記ブログです。

長野県内で気球体験が出来る「国営アルプスあずみの公園」に行ってきましたが、直前で乗ることが出来ず悔しい思いをしたので注意点などまとめてみました。

スポンサーリンク

f:id:tokaman0105:20190603060705p:plain

ご訪問ありがとうございます。

じゅりいです。

 

長かったゴールデンウィークが終わって早くも約1ヶ月が経ってしまいました。

GW中の殆どを私達夫婦の実家で交互に過ごした子供達でしたが、連休の前半で少しだけ遠出をしました。遠出と言っても県内なので、本当にちょっとしたおでかけです(;´∀`)

「気球に乗ってみたい」と言っていた長女のしゃかちゃんの為に、「国営アルプスあずみの公園」でGW期間中に開催されていた「アルクマ熱気球係留飛行」というイベントに行ってきたのです。

結果から言いますと、残念ながら気球には乗れなかったのですが、その時の運営会社の対応がちょっとなー、という感じだったので想いを綴っておきたいと思います。

GW、長女を気球に乗せる為に国営アルプスあずみの公園へ

我が家でも年に数回はしゃかちゃんのリクエストで訪れる「国営アルプスあずみの公園」

北アルプス山麓にあり、以下の2地区に分かれている大きな公園です。

・堀金・穂高地区(安曇野市)

・大町・松川地区(松川村・大町市)

 

とても広大な公園で自然の中で思いっきり遊べるので、長女のしゃかちゃんも大好きなのですが、ちょっと遠いのと大人(15歳以上)は入園料が450円掛かることもあり、あまり頻繁には行きません。

気球に乗ることができる「アルクマ熱気球係留飛行」というイベントが開催されていたのは「大町・松川地区」の方でした。

冬の間も長女には何度か行きたいと言われた「国営アルプスあずみの公園」。

その時は遠いし寒いし雪もいっぱいで、1歳前後の次女だいちゃんを連れて行くのはちょっと難しかったのですが、気候が良くなりだいちゃんも少し大きくなりましたので、気球に乗れるイベントにあわせて久しぶりに行くことにしたのでした。

初めて近くで見る気球に大興奮&ちょっと乗るのを躊躇する娘

しゃかちゃんはこの日初めて気球を目の当たりにして、「うわぁ、大きいね~!アルクマがいる!!あれに乗るの?」と大興奮。

「アルクマ」はりんごのかぶりものをかぶったクマで、信州のPRキャラクターです。

アルクマプロフィール | アルクマ オフィシャルサイト|信州売り出し中!アルクマカンパニー

しかし、大きさと高さとバーナーの「ゴー!」という音の迫力にちょっと気持ちがグラついたのか「・・乗れるかな?」と不安げな発言をし始めました。

私も間近で気球を見たのは久しぶりで、その気持ちはよく分かりました。実は私も気球に乗ったことがありません(;^_^A

ですが、ここまで来て「やっぱり怖いから止めた」にはなって欲しくなかったので、「大丈夫、大丈夫」「しゃかちゃんなら乗れるよ」「見た目ほど怖くないよ」と、夫婦でしゃかちゃんを盛り立てて気球に乗る決意をしてもらいました。

気球は普段近くで目にすることはあまりないので、目の当たりにするとかなり迫力があります。「ゴー!」というバーナーの音も凄いので、バーナーの音でビックリしてしまう子もいるかもしれませんね💦

この日の受付・搭乗時間は9時~9時30分

運営会社のHPを確認すると、受付・搭乗時間が決まっていて、何と30分しかありませんでした。

我が家が現地に着いて受付を終えたのは9時20分頃。

その後もどんどんお客さんが来ており、9時30分を過ぎても受付をしていたので時間になったら厳密に打ち切るというわけではないようでした。

「受付・搭乗時間」となっていますが、搭乗が9時30分までに終わらなくても打ち切られるという事では無いようです。

熱気球の搭乗料金

時期によって若干の差があるようですが、今回は下記のような料金でした。

  • 15歳以上:2600円
  • 6~14歳:2000円
  • 3~5歳:500円

15歳以上は通常「国営アルプスあずみの公園」の入園料450円が掛かるところ、気球に搭乗すると無料で入園出来る入園確認券をもらえます。

ここまで来て気球にだけ乗って帰るというご家族も少ないかと思いますので、実質的に15歳以上の搭乗料金はマイナス450円という感じです。

詳しくはHPでご確認を!

 

ちなみに、2019年はアルクマ熱気球5周年だということで謝恩価格になっているそうです。一度気球に乗る体験をしておきたいという安曇野市近郊に住む方は2019年中に乗るのがお得かもしれません。

受付で代金の支払いを済ませ待機列へ

 

⇧チケットはグループで1枚。人数が記載されています。

⇧受付を済ませて代金を支払うと、チケットとアルクマのカンバッジが貰えます。

 

気球へは、定員いっぱいまで搭乗させて上げているようでした。

でも、家族・友人などのグループが分けられるということはないようですのでご安心を。

私は気球に乗ったことがなく、近くで見たのも久しぶりでした。バーナーで気球内の空気が熱せられて簡単にフワフワと気球が浮かんでいくのをイメージしていましたが、安定して気球が浮かんでいくのにけっこう手こずっていて何度か上手くいかずに落ちてきてしまっていました。

そして、地面に着地する時の衝撃が意外と激しくてビックリ。

受付を済ませてから30分程しゃかちゃんと一緒に搭乗の順番を待っていました。

気球に搭乗することが出来ない次女だいちゃんと、過去に気球に乗ったことがあるという旦那さんは列外で待っていました。

結構待ったのに、風の影響で中止に・・・

気球が浮かんでいく途中でちょっと風に流されているなというのは見ていて感じたのですが、風が強いという印象は全くありませんでした。

しかし、搭乗を待っている途中、あと少しで乗れるというところで「アルクマ熱気球係留飛行」は急遽中止になってしまいました。

中止の原因は風が強い為。

後で旦那さんにも聞いたところ、旦那さんもまさか中止になるほど風が強いとは思わなかったと言っていました。

待っている子どもも沢山いましたので、安全面を考えると運営会社も苦渋の決断だったと思うのですが、だいぶ待ったので本当に残念でした。

返金待ちの間にもう片付け始めていました(;´・ω・)

返金待ちで15分

原因が原因なので誰かを責めるわけにはいかず、長い間待たされていた人達も特に文句は言わずに中止を受け入れていたようでした。

私もしゃかちゃんを気球に乗せてあげることが出来ず本当に残念だったのですが、「風が強くて安全に続けられないということなら仕方がないよね」と納得するしかなかったです。

ただ、既にお金を払ってしまっているので、中止になったから直ぐに解散というわけにはいきません。

返金してもらうのに15分ほど待ちました。

並んでいて気球に乗れなかったグループ全部に返金をしていくのでけっこう時間がかかります。現金でのやり取りですし。

仕方がないとは思うのだけど、過去にイベントが同じような原因で中止になったことは無かったのだろうか?と思ってしまいます。

もっと大勢が並んでいて中止になったらその分返金にも時間がかかってしまうわけですし、予測の難しい自然要因で中止になる可能性があるのなら、気球に搭乗する直前で支払いをしてもらうとか何か他に良い方法があったのではないか?

あ、でも直前支払いだとお客さんの入れ替えに時間がかかってしまうかぁ・・・気候条件も変化しているし・・など頭の中グルグルしておりました(;´∀`)

待ったのに乗れなかったという残念な気持ちを引きずりながら、さらに返金の為に待っているのは正直疲れました。

アルクマのカンバッジは返金と一緒に没収

当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、気球に搭乗した人が貰えるアルクマのカンバッジも返金時に返してくださいと言われました。

しかも、驚いたことにしゃかちゃんが手に持っているのを見て「それも、返してね」と子どもにまでも返却を迫るなんて!

幸い5歳のしゃかちゃんは文句を言わずに返してくれましたが、一度あげた物を子どもから取り上げるのはちょっとひどいと思いましたね。

後から返せと言う可能性のあるものなら、子どもにはあげないで欲しかったです。

予期せぬ事態で中止になるようなイベントなのですから、カンバッジぐらい気球に乗り終わった後で渡すなど出来たんじゃないかと思います。

 

大人の私は許容できますが、子どもたちだって遠方から来てトータルで結構な時間を待っていたわけです。

気球に乗れなくなってしまったのは運営会社さんの責任ではないですし、あまり文句は言いたくないのですが、子どもにだけでもカンバッジぐらいサービスしてくれても良いのではないか?と感じました。

気球に乗るのを楽しみにして来たのに、直前で中止になって乗ることが出来なかった子ども達に1個数十円ぐらいの原価であろうカンバッジぐらいサービスしてくれても・・・。

 

会場出入り口付近で気球に乗れずに帰っていく人達を見ていた旦那さん

私は返金待ちでずっと列に並んでいたのですが、旦那さんは会場出入り口付近で次女だいちゃんの世話をしていたので気球に乗れずに帰っていく人達の姿を見たり、会話を聞いていました。

直前で気球に乗ることが出来なくなって、泣きながら帰っていく子どもを見て「可哀想だな」と思ったり、今回の運営会社以外に気球に乗れるところがないかと怒りながら相談しているグループの会話を聞いて「超怒っているなー」とか思いながら私達が戻ってくるのを待っていたという事です。

私が見た限りでは直接運営会社の方に文句を言っているような人は返金を待つ列の中にはいない印象でしたが、あの対応だと内心怒っている人は多かっただろうなと思います。

「アルクマ熱気球係留飛行」に行く時の注意点

残念な結果になってしまった長女しゃかちゃんの熱気球初体験ですが、次の機会にまた行きたいと思っているので注意点をまとめてみたいと思います。

たいした風が吹いていなくても中止になる

たいした風じゃないというのは私の感覚なのですが、「えっこの程度の風で中止?」というくらいの風で中止になってしまいました。

もしかしたら高度で風の強さが違うのかもしれませんが、明らかに風の強い日だと中止になる可能性がだいぶ高そうです。

当日の風の状況によっては行くのを止めた方がいいかもしれません。乗る直前で中止になってしまうと子どもはかなりショックだと思います。

並んでいて急遽中止になった場合、返金に時間がかかることも

並んでいるグループの数や、中止になった時にいた位置によって違ってくると思いますが、現金でのやり取りなので返金に時間が掛かります。

これから日差しがきつい季節になってきますので中止になって乗れなくなったことに対する怒りと返金に暑い中で長時間待たなくてはならないという怒りが合わさると怒り出す人もいるかもしれません。

そんな様子を子ども達にはあまり見せたくないですよね(◞‸◟)

中止になった場合、一度もらったアルクマのカンバッジも没収

何度も言いますが、大人だけのグループなら別にいいんです。

ですが、小さな子どもは一度貰ったものを手放すのを嫌がります。

あまり文句は言いたくありませんが、返さなくてはならない可能性があるのなら乗った後に渡してくれるとかタイミングを考えてほしいです。

 

屋外で行うアクティビティなので、突然のアクシデントは仕方がないと思います。

ですが、子どもも参加できるイベントなのですから、運営会社さんにはもっと子どもに配慮した方法を取ってもらいたいものです。

2019年に今後「国営アルプスあずみの公園」で気球に乗れるのは7、8、9月

ちょっと愚痴も多くなってしまいすみません💦

残念な結果になってしまった今回の気球体験。

しゃかちゃんは現在5歳で、今年の誕生日を迎えると6歳になり搭乗料金が一気に上がってしまうので「初めての気球体験を幼児料金で」と思っていましたが仕方ないですね。完全に親の都合・・・でも500円と2000円では財布の痛み具合が全然違いますから(;´Д`)

しゃかちゃんは8月が誕生月なので、幼児料金で気球に乗ることができるのは7月まで。

まだ機会は何度かあるので、次の機会には気球体験をさせてあげられればと思っています。自然が相手なので、いいタイミングで搭乗できることを願ってます。

詳しい日程はHPでご確認ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m