オコジョ的じゅりいズム

信州発!お金✖子育て✖地元長野✖余暇、じゅりい流の雑記ブログ。

乳口炎の新たな薬。皮膚科で処方してもらいました。

スポンサーリンク

訪問ありがとうございます。

生後9ヶ月の長女しゃかちゃんを育児中のじゅりいです。

 

私は長い間乳口炎に悩まされています。

最初になったのは長女が4ヶ月くらいの時。その時はとっても大変でしたがこんな方法で直しました⇩

www.jury99.com

 

上記の方法で一度しっかり治ったのですが、体質なのか繰り返し乳口炎になってしまっています。何度も繰り返すうちに治らなくなってきました。

こういうのを慢性乳口炎、というそうです。

ここの所、乳口炎から血が出るようになってしまいました。。

微量ですがしゃかちゃんに母乳を飲ませるのに血が混じるのはちょっと困るな・・と思い、皮膚科に受診してみました。

なぜ産婦人科でなく、皮膚科?

私の職場は病院なので、体調不良等あれば仕事の合間に受診することが可能です。

ですが、残念ながら産婦人科がないのです・・

それじゃ、どこへ受診したらいいか?と考えた時、乳口炎は乳首の先端が炎症を起こしているのだから、皮膚科でも大丈夫なんじゃないか、と考えたわけです(。-`ω-)

(ちなみに、乳腺炎は外科になります。乳房外来や乳腺外来があればそちらへ。)

そして、さっそく職場上司に許可をもらい、皮膚科へ。

 皮膚科の先生は、乳口炎を知らなかった

皮膚科を受診し、先生に「乳口炎がひどくなって」と話したら、

「え?にゅうこうえん?どういう字書くの?」という先生の反応・・・

 先生、乳口炎を知らないんだ・・・

 

とりあえず症状を伝えて患部を見てもらい、今までどういう薬や処置を施してきたのかを説明しました。

乳口炎って、メジャーな病気じゃないんだ(T_T)

仕方ないか、産婦人科じゃなくて皮膚科に来ちゃったんだもの。

でも先生、私の説明を一生懸命聞いてくれました。

ありがとう、先生(ノД`)・゜・。

 処方された薬は?

今回はデキサンVG軟膏ではなく、ベトノバールG軟膏とサトウザルベ軟膏を混ぜたものが処方されました。

先生の説明によると、デキサンVGもベトノバールGも、リンデロンという薬のジェネリックなので成分は一緒なのですが、基剤が違うんだそうです。

 

そして、量が半端なく多い(@_@;)50g!!

化粧クリームと間違えそうな量です(笑)

 

もう一つアフタゾロンという口内炎の薬が処方されました。

こっちは「持ってると便利だよ。口角炎ややけどにも効くしね」と先生のおすすめ。

でも、混合薬が山ほどあるから乳口炎には使わなそう・・・ とりあえずこの新しい薬をぬって様子を見たいと思います

 

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m

 

追記:

お薬が効いたのか、乳口炎治りました!!

www.jury99.com